ホワイトデー昆虫食男目線
投稿日:

ホワイトデーに昆虫食はダメ!絶対!【男目線】

こんにちは。代表の齋藤です。みなさん、バレンタインに女性から昆虫食をもらって「おもしろかったからお返しでも昆虫食を贈ろう!」なんて考えていませんか?

それ、ダメですよ!絶対嫌われます。なぜか?まとめます。

▼ 目次

  • そもそもホワイトデーとは
  • バレンタインに昆虫食はOK?
  • ホワイトデーに昆虫食はNG?
  • まとめ
  • 注意

そもそもホワイトデーとは

ホワイトデーとは、バレンタインに女性からプレゼントを受け取った男性が、そのお返しとして3月14日に感謝の気持ちとお菓子などを女性へ贈る日。こんな感じでしょうか。ホワイトデーに関してはバレンタインありきのイベントなんですね。そこからホワイトデーの目的を考えてみると、バレンタインにプレゼントをくれた女性へ「お礼」することだと見えてきます。

目的は「お礼」、ターゲットは「女性」です。自分がもらってうれしかったからといって、そのまま自分が好きなものを女性に贈るのではなく、受け取った女性が喜んでくれる商品を選ばなければいけません。これが結構むずかしい。

バレンタインに昆虫食はOK?

バレンタインは、どんなものを受け取っても「自分のためにプレゼントを用意してくれた」と考えるとうれしいですよね。とくにそれが昆虫食だった場合は、うれしさ倍増です。そもそも昆虫食は、値段も低くはなく気軽に手に入れられるものでないので、それをわざわざ選んでくれたという気持ちに心が踊るものです。バレンタインに昆虫食はOKです。

ホワイトデーに昆虫食はNG?

問題はホワイトデーです。あくまでもホワイトデーは「お返しのイベント」、目的は「お礼」、ターゲットは「女性」。自分のテンションが上がるものをプレゼントするのではなく、相手に喜んでもらえるものを用意しなければいけません。ここで昆虫食を選択するのはあまりにもリスクが大きいのではないかと私は思います。なぜなら、昆虫食を身近に感じる女性があまりにも少ないからです。

ここは、冒険せずに確実に女性が喜んでくれるであろう無難な商品を選んだほうがよいことになります。

まとめ

昆虫食の会社の代表である私でも、「ホワイトデーに昆虫食を女性に贈ることはおすすめできない」という残念なストーリーになってしまいました。バレンタインにプレゼントをくれた女性に対しては、その女性が確実に喜んでくれる商品を素直に選ぶことをおすすめします。あくまでもホワイトデーは「お返しのイベント」、目的は「お礼」、ターゲットは「女性」です。ここを忘れずにホワイトデーに望んでいただければと思います。

注意

ホワイトデー昆虫食「昆虫食もらって喜ぶ女性なんていない!」ということを伝えたい記事ではありません。TAKEOでは「昆虫食大好きな女性」と「その女性へ昆虫食をプレゼントしたい男性」へ向けたホワイトデーのラッピングサービスを行っています。100人に1人?いや、1000人に1人?そんなあなたの力になります。

昆虫食の通販ショップ|TAKEO

この記事を書いた人

齋藤 】1985年生まれ32歳 男
工具とPCパーツが好き。落ち着く場所はホームセンター。虫のいい男。

すべてのカテゴリー

実店舗のご案内

東京の昆虫食お店
営業時間 13:00 - 18:00
※途中休憩あり
定休日 不定休
住所 111-0036
東京都台東区松が谷1-6-10
アクセス 東京メトロ銀座線「稲荷町駅」徒歩6分