投稿日:

学生さん(小中高生含む)からの取材依頼についてお願い

TAKEO

TAKEOの学生さん(小中高生含む)に対する対応方針について記します。
主に責任者である先生方へのメッセージとなります。
若い世代の未来のため、一緒に頑張りましょう!

▼目次

  • 基本的に積極対応します。
  • ただし2点、協力してください。
  • 責任者の先生から連絡をください。
  • できるだけ自分で下調べをしてください。
  • 大学生も応援してるよ。
  • オンライン昆虫食雑談会がおすすめ。

基本的に積極対応します

若い世代に昆虫食や昆虫食ビジネスのリアルを伝えていくことは、昆虫食市場を牽引する企業(!)の責任であると考えています。ですので、できる限り学生さんからの問い合わせには丁寧に、積極的に対応していきたいと考えています。
実際これまでの取材依頼に対してはほぼすべて受け入れ、すべて無償で対応しています。

私たちにとってもよく勉強してくれている学生さんとの対話は楽しく、学びが多いです。こんな貴重な機会を逃す理由はありません。win-winです。
(有償にしてくれたらもっと本気出せます)

ただし2点、協力してください

しかし、TAKEOのスタッフは3人しかいません。オンラインでの対応は三橋亮太(CTO)、リアルでの対応は三浦みちこ(TAKE-NOKO店長)がすべて対応しています。雑な依頼が多くなると時間的に厳しいときがあるのが正直なところです。

そこで、2点お願いです。

責任者の先生から依頼をしてください

責任者の先生、または保護者の方から取材依頼のご連絡をお願いします。特に小中高生の場合は必須とさせていただきます。

昨今、総合学習の授業で外部の企業へ積極的にインタビューをするように指導されることが多いと聞いています。そして実際に小さな子どもたちから直接メールが届きます。取材についての責任の所在がわからないので、私たちはいつも対応に苦慮することになります。

先生方の難しさも理解できるのですが、先生方の責任のもと取材依頼をしていただけるようにお願いします。
私たちは教育機関ではありません。不安定な業界の中で、自分たちの生活を成り立たせるために余裕がありません。

できるだけ自分で下調べをしてください

民間企業に取材をする前に、学生さんには自分たちで下調べをするようにご指導をお願いします。

総合学習のカリキュラムの実際が具体的にどのようなものなのか私たちは完全に理解できていないのですが、インターネットで検索すればすぐにわかることさえ調べずに質問をしてくる学生さんが多いのが実情です。
それは私たちにとって不幸ですし、学生さんたちにとってはもっと不幸なことです。学習の機会を最大限活かすことができないし、もしかしたらその機会そのものを失うかもしれません。

私たちは取材を受ける前に原則として以下の2点を学生さんに聞くことにしていますので、ご協力をお願いします。
◯これまでどんな資料(ウェブサイト、本など)を調査しましたか?
◯その質問に対するあなたの仮説は何ですか?

形式的なビジネスメールの書き方を教えるより、たぶんこっちの方が重要なことじゃないかなと思っています。

大学生も頑張って

大学生からの取材も基本的に積極対応します。
その際にはできるだけ指導教官の先生からご連絡いただきたいです。また事前の調査は必須ですし、研究計画も教えていただきます。

参考:FUTURENAUT社 コオロギ社長の個人的な意見
昆虫食をテーマに卒業論文や研究に取り組みたい学生必見、問い合わせの仕方や質問の仕方など
(私たちも基本的に同じ考えです)

オンライン昆虫食雑談会がおすすめ

毎月1回、オンラインで昆虫食に関する座談会を開催しています。
すべての質問が尽きるまで議論しますので、ここに参加するのがもっとも多くの情報を得ることができます。この場所は私たちが自主的に設定している遊び場ですので、責任者の方からの連絡も不要ですし、別に下調べもしなくて構いません。
無料です。オススメ!
TAKEOのオンライン昆虫食雑談会

毎日忙しい学校の先生たち、一緒に頑張ろうぜ!

実店舗「TAKE-NOKO」のご案内

東京の昆虫食お店 昆虫食 店舗 実店舗 関東 古民家昆虫食 TAKE-NOKO
営業時間 月・木・金:14:00-21:00
土・日・祝:12:00-20:00
定休日 火曜・水曜・第1土日
臨時営業・休業 →必ず店舗営業日カレンダーをご確認ください←
住所 111-0035
東京都台東区西浅草1-3-14 2F
アクセス 東京メトロ銀座線「田原町駅」徒歩3分
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩10分

すべてのカテゴリー

FOLLOW US ON