コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー
投稿日:

「コオロギフード」が5位にランクイン!日経トレンディ「2021年ヒット予測100」

齋藤

こんにちは、代表の齋藤です。みなさん日経トレンディ「2021年ヒット予測100」のニュース見ましたか?取材を受けつつ事前にノミネートされているとは聞いてはいたのですが、なんと5位に入るなんてびっくりしました。ざっくり振り返ってみましょうか。

▼目次

  • 「コオロギフード」が5位になりました
  • 発表会場には「コオロギフード」としてTAKEOの商品が!
  • 11月4日発売の紙面内容
  • まとめ

「コオロギフード」が5位になりました

日経トレンディが毎年発表している翌年のヒットを予測するランキング「2021年ヒット予測ランキング」で「コオロギフード」が5位になりました。真っ先に「コオロギフードってなに?コオロギ飼育用の専用食だよね?」って思ってしまいましたが、私が間違っていたみたいで、どうやら昆虫食の中でもコオロギを食利用することを「コオロギフード」として紹介しているみたいです。

確かに昆虫が食べる専用食として「昆虫食」って使い方をあまりしないからコオロギフードでもいいのか、と妙に納得。コオロギフードの紹介内容見ていきましょう。

発表会場には「コオロギフード」としてTAKEOの商品が!

コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー

コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー

鬼滅の刃 コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー

コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー
取材の協力をしていたらなんと11月3日に東京コンファレンスセンター・品川で行われるランキング発表の本番にも招待いただき、せっかくだからと少しだけ遊びにいってきました。会場に到着するまでは何位に入るか知らなかったので着いてびっくり。5位にコオロギフードが入っていました。それもTAKEOの商品をたくさん紹介してあってすごく嬉しい!(ちゃっかりタガメサイダーもいる笑)

2021年ヒット予測の1位には手つかずの大自然をリゾートにする昇華するサービスとして「無人駅&辺境グランピング」が紹介されていました。私は中学まで宮城県の気仙沼市というところで育ったののですが、小さいときにその気仙沼にきていた観光客に「ほんと何もないね」って言われたことありました。「え、何もないところを観光するから最高なんじゃないの?(何もない=すべてが大自然じゃん)」と心の中でつっこみ入れた記憶がなぜかここで蘇る……。『何もない』が旅行の最先端に、という紹介に少し戸惑いつつも、グランピングしてみたいなあと感じましたね。流行ってるみたいですね。

会場では2021年のヒット予測だけでなく今年のヒットの実績を持つ「2020年ヒット商品ベスト30」も紹介されていました。1位は「鬼滅の刃」。「食品から衣服まで全部売れる前代未聞ブーム」として紹介されていました。私は伊之助が好きです。一択です。12月上旬発売のたまごっち買います。

2位に「マスク消費」、3位に「あつ森」、4位に「Zoom」とコロナを乗り越える多くのヒットが今年はありましたね。会場が混み合ってきたので、田中みな実さんや北村匠海さんが登場する本番を前にして退散してまいりました。

11月4日発売の紙面内容

コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング タガメサイダー

コオロギフード 日経トレンディ 2021年ヒット予測ランキング
3日の発表に続いて、11月4日発売の雑誌「日経トレンディ(2020.12月号)」でも「コオロギフード」が大きく紹介されていました。「環境に優しい新たな”食材”として、おいしい料理に早変わり」としてコオロギフードが紹介されています。無印さんの「コオロギせんべい」やANTCICADAさんの「コオロギラーメン」も紹介されていました。TAKEOの「国産こおろぎ 食べくらべ」や実店舗限定のコオロギパスタも大きく取り上げていただきました。(こっちはタガメサイダーに加えてカイコフンティーまでいる笑)

実は日経トレンディさんからは2018年にも取材を受けています。「日経トレンディ(2019.1月号)」では「未来予測 キーワード&カレンダー」という企画内の「食」のところで、「将来のタンパク質危機を藻と昆虫が救う」という形でご紹介いただきました。植物性のタンパク質としての藻(スピルリナ)が優秀であることと併せて昆虫食も紹介もあり、高タンパクに加え「機能性」にも期待しているといった紹介内容でした。

2018年の「機能性の期待」から2021年予測の「食材」「おいしい」「料理」「サスティナブル食」としての紹介内容の変化もまた昆虫食のおもしろいところですね。機能性という堅いイメージから一気に食としての華やかさが出てきました。来年2021年の紹介はどんな形になるでしょうね。個人的には街の「人気スポット」「人気店」といった形で全国に昆虫食を取り扱うお店さんが増えていけばいいなと思っています。同様に昆虫農家さんも増えていくと期待しています。TAKEOもみなさんと一緒にまだまだおもしろい昆虫食のある生活つくっていきますよ。ご期待ください。

まとめ

今回のランキング発表を受けて、昆虫食には決まった形はなく、まだまだ成長過程であることを再認識しました。TAKEOの中でも日々アイデアが生まれ、1つずつ形にしていくように進めてますので今後も応援してください。この記事を読んでる方でタガメサイダー飲んだことない人っていないですよね?万が一飲んでない方はこの機会に「タガメフード」もぜひ!笑

実店舗「TAKE-NOKO」のご案内

東京の昆虫食お店 昆虫食 店舗 実店舗 関東 古民家昆虫食 TAKE-NOKO
営業時間 月・火・木・金:
14:00-21:00
(ラストオーダー20:00)
土・日・祝:
12:00-20:00
(ラストオーダー19:00)
定休日 毎週水曜・第1土日・その他臨時休業有り(外部イベント参加時など)
住所 111-0035
東京都台東区西浅草1-3-14 2F
アクセス 東京メトロ銀座線「田原町駅」徒歩3分
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩10分

すべてのカテゴリー

FOLLOW US ON