桜毛虫でバッタ会
投稿日:

水野壮先生のバッタ会!バッタが桜毛虫に変貌~春香る秋~

こんにちは!食欲の秋、みち子です!

今年8月の、「昆虫食が拓く日本の未来」という水野壮さんの講演会へ参加したのを覚えていますでしょうか?

その水野先生からお誘いを受けて、楽しみにしていたイベント「バッタ会」。バッタ会とは水野先生が毎年開催している、野生バッタの捕獲から調理、試食まで行われるイベントです。私は初めての参加でしたが、そのドキドキの体験をご紹介します!

10月初旬水野先生から1通のメールが……

件名:バッタ会のおさそい

待ちに待ったバッタ会の招待状が届きました。イベント内容は「午前中に多摩川の河川敷にてバッタを採集。その後、調理室に移動して調理、試食。バッタ以外にも他に旬の食材が手に入れば……」といったもの。魅惑のバッタ取り!取り急ぎ、水野さんに参加の旨を伝え、当日をワクワクしながら待つこと2週間。

桜毛虫でバッタ会

1番楽しみにしていたバッタの捕獲は残念ながら…

バッタ会の前日に水野さんからメールが入りました。「明日のバッタ会ですが、あいにく雨のようですので野外採集は中止で調理のみにします……」

なんてことだ。レインコートを用意しようか悩んでいたところだったので、タイミングの良い連絡はありがたいという気持ち反面、1番楽しみにしていたバッタ採集の中止という知らせは、幼き日の遠足が中止になったときのあの気持ちに。

当日、やはりあいにくの雨模様。齋藤から水野先生への思い(差し入れ)を胸にいざ出陣、上野から府中市「是政駅(これまさえき)」へ!

桜毛虫でバッタ会

女子大生も参加!気になる参加メンバー

調理の会場になったのは府中市の公共施設である「是政文化センター」。参加の皆さんと顔合わせです。集まったのは私含め8人のメンバー。その内女子は5人とこれは水野先生のイケメン効果もあるのかな?!男性メンバーみなさん紳士的で優しく、既に何度かバッタ会に参加している様子。私は何よりも、女子大生の肌のハリの良さに衝撃を受け、その衝撃によって折れてしまった心を隠すことに必死でした。

齋藤から託されたキモちも忘れずに水野先生に、ということで”粉末バッタ”と”クリケットパスタ(コオロギパスタ)”を差し入れし、早速調理へ!

桜毛虫でバッタ会

桜毛虫でバッタ会

本日のメイン食材は「桜毛虫(サクラケムシ)」

本日メインとなる虫は、水野先生が以前採った「桜毛虫」を中心に以下のメニューを調理、試食することになりました。

・桜毛虫の佃煮
・桜毛虫の飴がらめ(抹茶風味)
・桜毛虫とキノコのプチキッシュ
・コオロギドロップクッキー
・バッタクッキー
・クリケットパスタのカリカリ揚げ

桜毛虫はほんのり桜の香りがして美味!

各料理を手分けして調理したので料理はスムーズに完成しました。私は桜毛虫の飴がらめ(抹茶風味)を担当したのですが、撮影をしながらワタワタしていたのもあってか、いつの間にか監督役であった水野先生自ら調理してくださいました(笑)

桜毛虫でバッタ会

一般的な砂糖に比べて熱に強く、甘みが抑えられているトレハロースを煮詰めてから桜毛虫に絡め、更にトレハロースと抹茶をまぶし冷やし固め完成させた桜毛虫の飴がらめ(抹茶風味)。トレハロースの上品な甘みが桜毛虫からする桜の葉の香りと抹茶の風味を引き立ていて美味。桜毛虫って本当に桜の風味がすることにもビックリ。

桜毛虫でバッタ会

次に桜毛虫の佃煮。佃煮の甘じょっぱさの中にも桜毛虫特有の桜の葉の風味もしっかり残っており、炊きたての白米にのせて食べたい感じ。アレンジ次第では日本酒のおつまみにも良さそうです。桜の香りで日本酒なんてまじでやばい。イナゴの佃煮はよく耳にしますが桜毛虫の佃煮もイナゴに負けないおいしさでした。

桜毛虫でバッタ会

桜毛虫でバッタ会

ピチピチの女子大生が担当してくれた桜毛虫とキノコのプチキッシュは、生地に餃子の皮を使用し、桜毛虫とキノコ、アスパラに卵と牛乳のクリームをかけオーブンでじっくり焼き上げたものです。私の中では、今回のメニューで1番おいしかったと感じました。焼き方(温度?)がちょうど良かったのか、桜毛虫の香りが1番引き立っていてクリームとの相性も抜群。とてもおいしかったです。プラス女子大生が作ってくれたこともあって女の私でも胃袋をつかまれてしまいました(笑)

コオロギクッキーやバッタクッキー、クリケットパスタのカリカリ揚げは安定のおいしさなので割愛します。近いうちに「昆虫食かんたん♪レシピ」で紹介しますね!

バッタ会の感想

最初はバッタ採集の中止によって沈んだ心の立て直しと、女子大生のお肌のハリの良さから受けた衝撃を隠すのに必死だった私のバッタ会。それでも水野先生を中心に集まったメンバーで力を合わせて桜毛虫をメイン食材として完成させた料理は、とてもおいしく心が踊りました。また、大きなスペースで行う調理は、家庭科の授業を思い出しどこか懐かしさも感じました。水野先生以外の方とは初顔合わせで最初は緊張しましたが、みなさん優してくださりとても良い経験をさせていただきました。やっぱり昆虫食っていいな。

次回は来年開催のセミ会。夏が終わったばかりですが、もう来年の夏が待ち遠しいです!

この記事を書いた人

みち子 】丑年生まれ 女
昆虫食との運命的な出会いは……トイレを借りようと立ち寄った建物がTAKEOの事務所。虫のおいしさと齋藤の人柄(女子力)に惚れ込んで現在虫道を勉強中!本が好き。旅が好き。酒が好き。

【今日のひとこと】冬を通り越して夏がきてほしい。そうなればダイエットしなくていいのに。
【前回のひとこと】冬からダイエット。

記事カテゴリー

実店舗のご案内

東京の昆虫食お店
営業時間 13:00-18:00
定休日 不定休
住所 111-0036
東京都台東区松が谷1-6-10
アクセス 東京メトロ銀座線「稲荷町駅」徒歩6分