• <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons29.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />昆虫食入門 | 内山昭一

「ゲテもの食い」か? はたまた「人類の未来食」か?

人類にとって究極の伝統食材、それが昆虫。世界の昆虫食の現状を紹介するほか、嫌いな人の心理や食料としての可能性、さらには食育まで、昆虫食のあらゆることを深く楽しく追究する!

子供の頃には身近でも、大人になってしまうと、「うっ」と思う人が多くなってしまうのが昆虫である。しかし、よくよく考えてみれば、昆虫は人類が人類になる前から食べてきた「究極の伝統食」。日本でも、イナゴの佃煮やハチの子、ザザムシなどが地域によってはよく食べられているし、世界を見渡せば、それこそ、日本では食べられていないタガメやゴキブリなども食されている。

本書では、そうした世界で食べられている昆虫の紹介のほか、「食材としての昆虫」の可能性を新たに追究していく。例えば、味覚センサーにかけてみると、ハチの子はうなぎに、セミはナッツによく似ているという結果が実際に出ている。さらには、どうやったら「おいしく食べられるか」といった、料理の研究にまで、一歩、踏み込んでいく。

「ゲテもの食い」か? はたまた「人類の未来食」か? とどまるところを知らない著者の「昆虫食の世界」へ、ようこそ!

目次

  • 巻頭カラー8ページ
  • はじめに
  • 第一章 昆虫食の源流をさぐる

    • 胎児は虫食いの夢を見る
    • 闇夜の狩りが脳を鍛えた
    • ほか
  • 第二章 食べられる昆虫プロフィール

    • 昆虫は昨日まで日本でも食べられてきた
    • イナゴは日本人の半数が食べている伝統食
    • ほか
  • 第三章 昆虫を食べる社会、食べない社会

    • 損か、得か──「最善採餌理論」に当てはめてみたら
    • 人の手によって〈害虫〉が生まれた
    • ほか
  • 第四章 昆虫を食べる心理とその関心の多様性

    • 食べたい? 食べたくない? アンケート
    • 経験の有無による態度の違い
    • ほか
  • 第五章 昆虫は本当においしいか

    • 現代人は脳で?おいしさ?を評価する
    • 鈍化した五感を鍛える
    • ほか
  • 第六章 健康食品としての昆虫食

    • 栄養学的には普通の食品と変わらない
    • ミツバチの恩恵は計り知れない
    • ほか
  • 第七章 食料資源としての昆虫

    • 本当に生産効率のいい食料か
    • おカイコさん宇宙へ行く
    • ほか
  • 第八章 「食育」教材としての昆虫

    • 「命をいただく」ことで知る生きる意味
    • 食べ方のスタイルをめぐって──スローフード、地産地消、フードマイレージ
    • ほか
  • おわりに
  • 参考文献

内山 昭一(うちやま しょういち)著者プロフィール

1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、NPO法人食用昆虫科学研究会理事。幼少より昆虫食に親しみ、1999年から本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫をよりおいしく食べられるか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究する。

2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表して以降、メディアから取材殺到。こうした気運を受け、代表を務める昆虫料理研究会の活動が大きく広がる。また、日本初の昆虫食を科学的に研究する食用昆虫科学研究会が14年にNPO法人の認可を受け、理事として啓蒙活動を続けている。

商品情報

著者 内山 昭一
ジャンル 新書(平凡社新書)
ページ数 246ページ
定価 本体840円+税
発行日 2012年4月13日(初版第1刷)
2017年9月7日(初版第3刷)
出版社 平凡社
ISBN-13 987-4-582-85635-4
JANコード 9784582856354
1920245008403

昆虫食入門 | 内山昭一

907円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

ネットショップ休業日

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ジャングルバー昆虫食休業日ショップ休業日

実店舗のご案内

  • Google MAPで見る