• <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons29.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />昆虫を食べてわかったこと 食の常識革命! | 内山昭一
  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons29.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />昆虫を食べてわかったこと 食の常識革命! | 内山昭一

昆虫で食の常識に革命を!

あなたを昆虫食へいざなう一冊。それが「昆虫を食べてわかったこと 食の常識革命!」です。著者である内山昭一氏が様々な昆虫を実際に食べてわかったことがまとめられており、それが「なぜ今、昆虫食なのか」という多くの人が持っている疑問への回答にもなっています。

「虫を食べる私に家族は驚き呆れた」など昆虫料理研究家生活の紹介から、「木の上のほうにいるセミはおいしい」「カブトムシの幼虫は最高にまずい」などの"昆虫食あるある"まで、食の常識に革命を起こす本書を手にすれば、あなたも昆虫を食べたくなるはず!

「第4章 虫食い女子が昆虫食の魅力を語る」では、みんな大好き昆虫食の愛さんも登場します。

目次

  • おいしい昆虫料理ベスト10(カラー)
  • 昆虫料理研究家の虫料理(カラー)
  • 人気の昆虫料理イベント(カラー)
  • はじめに
  • 第1章 昆虫料理研究家はどんな生活をしているのか

    • 昆虫食の原点はフナ、ドジョウ、ナマズ食
    • 田んぼに水が入り、ケラと遊ぶ
    • ほか
  • 第2章 おいしい昆虫ベスト10

    • まずい虫はごくわずか おいしい虫は探せばもっといる
    • 第1位・・・
    • ほか
  • 第3章 昆虫食あるある

    • 昆虫食編
    • 昆虫を食べる人編
  • 第4章 虫食い女子が昆虫食の魅力を語る

    • 食の常識が壊れるすごい話
    • 私はこうして昆虫を食べるようになりました
    • ほか
  • 第5章 騙されないための昆虫食

    • FAOレポートの衝撃
    • 20億人が1900種の昆虫を食べている
    • ほか
  • おわりに

内山 昭一(うちやま しょういち)著者プロフィール

1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、NPO法人食用昆虫科学研究会理事。幼少より昆虫食に親しみ、1999年から本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫をよりおいしく食べられるか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究する。

2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表して以降、メディアから取材殺到。こうした気運を受け、代表を務める昆虫料理研究会の活動が大きく広がる。また、日本初の昆虫食を科学的に研究する食用昆虫科学研究会が14年にNPO法人の認可を受け、理事として啓蒙活動を続けている。

商品情報

著者 内山 昭一
ジャンル 単行本(ソフトカバー)
ページ数 208ページ
定価 本体1200円+税
発行日 2015年11月3日
出版社 サイゾー
ISBN-13 978-4-904209-83-7
JANコード 9784904209837
1920045012006

昆虫を食べてわかったこと 食の常識革命! | 内山昭一

1,296円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

ネットショップ休業日

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ジャングルバー昆虫食休業日ショップ休業日

実店舗のご案内

  • Google MAPで見る